UNICALEは小規模チームのスケジュール管理に適したフリーソフトウェアです。

外部カレンダーの同時表示

外部カレンダーの同時表示方法のイメージ

これまで


2つのカレンダーがある場合,それぞれのカレンダーを見に行く必要がありました。

外部カレンダー同居機能によって


メインカレンダーへのアクセスで,外部カレンダー情報の閲覧ができます。

外部カレンダーのアクセス先は各ブラウザのCookieに保存されるため,参照先は他のメンバーにわかりません。また,サーバーにも保存されません。(その代わり,ブラウザごとに設定が必要になります。)

外部カレンダーの同時表示方法

  1. UNICALEver3.10以上が動作しているカレンダーを準備します。
    ここでは,それぞれ,カレンダーA,カレンダーBと呼びます。
    カレンダーAをメインカレンダーとし,カレンダーBを外部カレンダーとします。
  2. カレンダーAの「設定」から,「外部UNICALEのURL」を指定します。
    ここで,カレンダーBが動作しているURLを入力して下さい。

    なお,カレンダーAとカレンダーBのプロトコルは同じである必要があります。(AがhttpsならBもhttpsで。AがhttpならBもhttpで)
  3. どこかをクリックすると,このURLがブラウザのクッキーに保存されます。
  4. WebブラウザでカレンダーAのURLにアクセスすると,カレンダーBの情報が同居して表示されます。

注意点

  • カレンダーBへの認証などは,必要に応じて基本認証(Basic認証)などで対応して下さい。
  • ブラウザのCookieを削除すると,外部カレンダーのURLも削除されますので,再度設定して下さい。
  • 外部カレンダーは信頼あるカレンダーのみを指定して下さい。

使い方例

  • プライベートの予定と,仕事の予定を同居させたい。
  • 自分の所属するグループと,組織全体のカレンダーを同居させたい。
  • 管理職だけの秘密カレンダーと一般スタッフのカレンダーを管理職だけが同居させて見たい。

技術的仕組み

外部カレンダーとのデータのやりとりには,json形式のファイルをjsonpによって取得しています。
そのため,適切なパラメータを与えればjson形式のデータを返す汎用的なAPIとして機能します。
API連携のアイデアがあればお知らせ下さい。本サイトなどで紹介します。

API仕様

UNICALE API仕様

Pocket