UNICALEは小規模チームのスケジュール管理に適したフリーソフトウェアです。

イベントカレンダーモードの操作方法

イベントカレンダーモードでできること

  • カレンダーの表示のみが可能なユーザーと編集可能なユーザーの切り替えが可能
  • 管理者は,管理者ページからカレンダー情報の追加・編集が可能

こんな使い方に

  • サークルの役員がスケジュール更新はするが,会員には更新させたくない場合
  • イベント告知ページなどで管理者のみがイベント情報を提供したい場合
  • 閲覧する人が閲覧だけで精一杯など,コンピュータ操作にスキル差がある場合
  • 双方向型より,一方通行型の情報提供がメインの場合

使い方

モードを切り替える

「設定」から「イベントカレンダーモード」にチェックを入れて,更新して下さい。
トップページにアクセスすると,編集機能が使えない状態でのカレンダーが表示されます。

管理者がカレンダー情報を編集する

/calendar/calendar.php
にアクセスして下さい。
通常通り,カレンダーの編集ができます。
閲覧のみのユーザーは,トップページのindex.phpにアクセスするよう,誘導して下さい。

管理者のみが編集できるようにする

/calendarフォルダに対し,.htaccessなどでパスワード認証設定をしてください。
Webサーバの設定ファイルを直接いじれる方はそれでもかまいません。
UNICALE自身はパスワード認証機構を持っていません。

管理者は,UNICALEをインストールしたサーバの
/calendar/calendar.php
をブックマーク登録しておくと良いでしょう。

 

.htaccessに関する説明ページ
.htaccessファイルの書き方と設定・設置方法

 

Pocket